変形性股関節症 手術前のトレーニング

幼少期から自骨手術を繰り返しながらも数十年。

今回、左人工股関節置換術を施行する決意をされました。

長年の跛行、関節可動域制限、筋力低下から術後のリハビリに時間を要すことを覚悟されていました。

今までに数回の手術およびリハビリ、そして昨年には腰部脊柱管狭窄症に対する手術およびリハビリを経験されていることから、医療機関でリハビリを行える算定日数が150日ということも理解されておりました。

今回手術する医療機関は、人工股関節置換術を施行した方の入院期間は2週間らしいのですが、○○様の場合は1ヶ月程度のリハビリ入院をさせていただけるようです。その後は、自宅近くでリハビリできる施設を探して150日ギリギリまでリハビリを続ける意向です。

今回は、手術後のリハビリを円滑に進めていくために「術前からできる運動」を、そして「今の体の状態を見て欲しい」とのことでご依頼いただきました。

本日の様子としては

筋トレ:「痛みを誘発することなく股関節の前面、側面、後面という全周の筋肉が、それぞれきついと思えるような負荷で運動が行える」 

関節柔軟性:「徐々に筋肉が固くなり、ご本人様が気づかない間に股関節がまっすぐ伸ばせない状態でしたが、長年していなかったうつ伏せを行い、相反抑制を利用するなどした後は足がまっすぐ伸びるようになる」

自主トレ指導:「手術後に起こりやすい筋肉のこわばりを予防するために今から行えるストレッチ、筋トレ方法を指導」し終了しました。

一度、痛みを経験すると脳は痛みに敏感となり、少しの刺激でも体をこわばらせてしまう、そして同じような動きをしないように自然と体を守る反応がでます。

運動をしたほうがいいのはわかっていても、このような状態の方は運動をするのが怖くなってしまう。また、どんな運動をすればいいかわからない、そんな不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。

できないと思っていても、やり方を工夫することで行えることは多いです。

一人では解決できないことがあれば、一度ご相談ください。

○○様 手術後の順調な回復を期待し、手術までの期間を有意義に過ごせますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です